Creality K1 Maxのスペックまとめ / K1との比較【3Dプリンター】

3Dプリンター

昨日Creality K1のスペックをまとめたので今日はK1 Maxを見ていきたいと思います。

Creality K1に関して詳しく知りたい場合はこちらを読んでみてください!

※6/23追記!

シューマツものづくりで少しお得に買えるサービスを開始したのでチェックしてみてください!

サムネイル出典:Creality

Creality K1 Maxの特徴

K1 MaxもK1と同様エンクロージャーがついているCore XY構造を用いた3Dプリンターです。公式サイトの販売価格は$999(約133,500円)とK1よりも$400(約54,000円)ほど高くなっています。

その差分などを見ていきたいと思います。

K1 Max

今からようこそ
¥127,900 (2023/06/07 05:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

K1

造形サイズが大きい

Maxという名前の通り造形サイズがK1よりも大きくなっています。K1が220 * 220 * 250mmに比べてK1 Maxは300 * 300 * 300mmと50 ~ 80mm大きい造形が可能です。エンクロージャー型のモデルで300 * 300 * 300mmは家庭用としては大きいモデルといえます。

これより大きくてパッと思いつくのは、QIDI Tech X-MAX 3でしょうか。

AI CameraとLiDARが標準搭載

ただ大きいだけではなく、K1ではオプションで付けることのできるAIカメラとLiDARが標準で搭載されています。

AIカメラはモジャモジャ、ゴミなどの異物がないかを監視し、エラーが発生した場合お知らせしてくれます。また、リアルタイムでモニタリングするので、タイムラプスを作成できます。造形の様子をSNSにアップロードしたい方にはいい機能ですね!

LiDARは二つの特徴を確認しています。まずはファーストレイヤーをスキャンして、ファーストレイヤーに問題がある場合印刷を一時停止してくれます。

私のようなレベリングに自信のない、ファーストレイヤー見守り隊に取ってはとても良い機能です。

またそれ以外の造形プロセスの間もLiDARによる流量の制御を行なってくれるので、ブロブなど造形物のノイズを低減してくれます。

デュアルハンズフリーオートレベリング

K1もハンズフリーレベリングなのですが、K1 MAXは頭にデュアルがついてました。レベリングの方法が二つありまして、一つはK1と同様ヒートベッド側のセンサーが自動補正をおこなってくれるもの。

もう一つは前述のAI LiDARがベッドの傾きを100万点スキャンして、より正確なレベリングをおこなってくれます。

エアフィルターも搭載

最後にK1では記載の見当たらなかった内蔵エアフィルターで空気清浄機機能がついているようです。印刷時に発生する化合物を浄化してくれます。

スペック

右がこの記事で紹介している、K1 Maxです。

K1K1 MAX
造形最大サイズ220 * 220 * 250mm300 * 300 * 300mm
本体サイズ355 * 355 * 480mm435 * 462 * 526m
パッケージサイズ415 * 415 * 550mm508 * 508 * 608mm
正味重量12.5kg18kg
総重量16kg23kg
プリント最大速度600mm/s600mm/s
加速度20,000mm/s20,000mm/s
プリント精度100±0.1mm100±0.1mm
レイヤーの高さ0.1 – 0.35mm0.1 – 0.35mm
エクストルーダーダイレクトドライブ式ダイレクトドライブ式
ノズル最大温度300度300度
ヒートベッド温度100度100度
ビルド表面フレキシブルビルドプレートフレキシブルビルドプレート
レベリングモードハンズフリーオートレベリングデュアルハンズフリーオートレベリング
ファイル転送USB / Wi-FiUSB / Wi-Fi
ディスプレイ4.3インチ カラータッチスクリーン4.3インチ カラータッチスクリーン
AIカメラオプション標準搭載
AI LiDARオプション標準搭載
パワーロスリカバリーありあり
フィラメント切れ検知ありあり
インプットシェーピングありあり
ライティングキットありあり
スリープモードありあり
電力350W1,000W
サポートフィラメントABS / PLA / PETG / PET / TPU / PA / ASA / PC / PLA-CF / PA-CF / PET-CFABS / PLA / PETG / PET / TPU / PA / ASA / PC / PLA-CF / PA-CF / PET-CF
スライスソフトCreality Print / Cura / Simplify3D / PrusaSlicerCreality Print / Cura / Simplify3D / PrusaSlicer
日本語対応ありあり
空気清浄機能記載なしあり

あとがき

K1 Max、初見の初見では、$400ドルも高いのかー、サイズ大きくなっただけじゃないのー?っていう目で見てしまっていたんですが、中を見てみると心躍る機能が満載でございました。

K1もcamera / LiDAR共に後付けできるようなのですが、かなり便利そうなのでいきなりMAX行っちゃうのもいいなー。でもこの値段ならSnapmaker J1とか、デュアルヘッドなモデルも気になります。

こうして気になってばかりで買えないダメライターなのですが、ゆっくり選んでいこうと思います!

※2023/05/21追記 私もCreality K1を買いました!

コメント

  1. 山下 より:

    k1にAILiDAR付けれるんすかー?

タイトルとURLをコピーしました